いろいろQ&A


Q.お花屋さん始めるには、どうしたらいいの?

 

A.お花屋さんを始めるに、特に資格などは必要ありません。 しかしお花屋さんは切花の扱い方や鉢物の育て方、花束やアレンジメント作成など技術が必要なお仕事です。 お勧めはお花の学校で技術を学び、お花屋さんに勤めて色々と経験を積んで仕事を覚えてから、ご自分で始められるのが良いと思います。

 

*独自の見解です。ひとつの考えとして参考程度にしてください。

 


Q.お花はどこからきてるの? どこで仕入れてるの?

 

A.お花は国産が主ですが、今は輸送手段も良くなってるので、海外からの輸入も増えてます!

以前は輸入でしか手に入らなかったお花も、品種によっては国内で生産できるようになったりもしてます。

国産は県内産・近隣の県産が主ですが季節によって遠くは北海道や沖縄からもお花が届きます。

 

仕入れ先は花市場か市場内にある仲卸で仕入れます。

 


Q.お花の価格ってなんで変わるの? 

 

A.あまり知られてませんがお肉にA5ランクと等級があるように、お花にも等級があります。

よくある表記は、特>秀>優>外 又は、A>B>C など。 

あとは丈が何センチか、お花によっては何輪花がついてるかも判ります。

生産者さんのお名前も判ります。

ただ各お花屋さんがお店で売るときに、細かく表記をしてるところが少ないのが現状です。

 

等級が高ければ、丈が長ければ、お値段も高くなります。 

豊作・不作での出荷量の増減や母の日等の物日など時期によっても価格が変わります。

なので安いのが悪いとも限りませんし、良い生産者さんのが全てパーフェクトに良いとも限りません。

それでも一生懸命良い物を作ろうと努力されてる生産者さんのお花は評判がいいので多少等級が低くても価格は高いです。


Q.この花、満開じゃない? 全部つぼみのはないの?

 

A.たまに聞かれますこの質問ですが、ある程度咲かした状態でないと、場合によっては咲ききらないで萎むこともあります。

切花は根が無い以上、それ以上の成長が難しくなるので、全部つぼみの状態での出荷は今の技術では難しいです。



ようこそ、フリーダムへ!

イベントやお知らせはこちら!

品質保持に関することはこちら!

取扱商品の詳細はこちら!

フラワースクールに関してはこちら!

お問い合わせは電話かメールで!






花っていいよね。キャンペーン!

お花は喜びを倍増してくれたり、悲しみを癒してくれたり、

空間を演出してくれたり、季節を感じさせてくれたりと、人にとってなくてはならないものと思います。

お花や観葉植物をもっと気軽に身近に感じて、心豊かな生活を始めませんか!

 

コミュニケーション・ワード

 

一般公募で選ばれた「お花のコミュニケーション・ワード」受賞ワードです!

日本花普及センターの了承を得て使用しています。

フィオリスタ・マーク

 

フィオリスタ(fiorista)とは、イタリア語で花の人、花屋さん、花き生産者(男の人も女の人も)という意味があります。

日本花普及センターの了承を得て使用しています。



プライバシーポリシー

お客様の個人情報について、個人の承諾が無い限り第三者に開示、提供を一切致しません。ただし、裁判所、警察、消費者センターまたはこれらに準じた権限を 持つ機関から要請がある場合は、これに応じて情報を開示させていただきます。